新しい時代の幕開け

新元号がようやく発表されました。

発表までは皆、ドキドキしながら待っていたと思います。
私もテレビに釘付けでした。11時半になってから、今か今かとウズウズしていました。

天皇陛下への報告が終わってからの発表に、わくわくしていました。11分程遅れて、官房長官が現われました。
そして発表の瞬間が来ました。

「新しい元号は、れいわです」

れいわ?どんな字だろうかと思いました。
程なく新しい元号を書いた額縁を掲げられました。「令和」と書かれました。
5月1日から令和元年になるのかと、新しく始まる時代に期待しました。

言葉の響きがとても綺麗です。使われている漢字も、凛として素敵です。
初めて日本の万葉集からの出典と言うのも良いです。
いよいよ平成が終わりを向かえて、新しく令和の時代が始まると思うと気分も一新されます。

一体どんな時代になるのか、とても楽しみです。
この令和を英語表記すると、ビューティフルハーモニーとなったそうです。
「美しい調和」これまた素晴らしいなと思いました。
美しい日本で調和を保たれた良い時代になれれば良いですね。

平成は重大な事件に大災害が多かったですね。
災害は仕方無いですが、大きな事件の無い穏やかな時代であって欲しいです。
元号より西暦の方が良いとか、計算しにくい等で面倒くさいと言う人もいます。
それでも国の象徴である天皇陛下が変わられるのだから、矢張り元号は新しいものに変わったほうが良いと思います。
区切りはあったほうが、気持ち引き締まります。
新しく在位なさる天皇陛下と共に、新時代が来ると言う区切りだと私は思います。

どうかこの時代になって良かったなと思えるように頑張っていきたいですね。新しい時代に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です