来年から「自動ライト義務化」について思うこと

Yahooニュース 04/14
「ライトの早期点灯なぜ浸透しない? 来年から「自動ライト義務化」も未だに抱える問題」
やっと、義務化になりました。

以前、仕事関係で、どんな時間帯に事故を多いかを調べていた時があり、下校時から、夕暮れ時が多かったです。
なぜ、その時間帯が多いのか、歩行者側と車両側に、それぞれの理由があって多いのです。
早めの点灯義務化しかなかったのかとも思います。

ドライバーによっては、そこまで、言われなくてもと思い人も多いことでしょう。なぜなら、車によっては、オートライト機能が付いていない車両もあるからです。
仕事関係や通勤関係で毎日、乗る様なドライバーの方でオートライト機能が付いていない人は面倒でしょう。

このニュースを見て、歩行者弱者(子供、老人)の事故がまず、軽減できれば良いと願っています。
義務化まで、踏み込んでやるならば、でも、もう少し、踏み込んで、考えてほしかったです。
それは、自動タイト機能の付いていない車の対応をどうするかを明確化することです。

例えば、トラックの運転手ドライバーの場合なら、国が補助金を出して、ドライバーが自分でオート自動化機能に変更するのか、あるいは、ドライバーの会社が全額負担して、オート自動化機能搭載車ごと変更、オート自動化機能をオプションで会社が付けるようにするのかというところまで、考えた上で施行してほしかったです。
折角、良いと思えるのに、肝心な落とし穴がある気がします。

義務化しても、違反者は良く罰金よりも、もう少し、うまく浸透できる様にしてほしいです。何か、中途半端な義務化で終わってほしくないなと感じています。
また、義務化によって、しっかりと、事故軽減できたのかをきちんと分析し、都道府県別なども含めて公表してほしいです。

単に、車の自動運転に何もかも任せるよりも、こういった努力も、行なっていってほしいと願っています。

桜咲く♪

 いよいよ4月になりました。
 来月から、なんと元号が変わって平成→令和に♪
 いよいよ平成の御代が変わるわけですが、自分の生活も大きく変わるかも。
 というのも、なんと言っても年度替わりで新しい人が入社してきて、それなりに仕事に慣れてくるころに書類が平成から令和に代わるのです。

 外務省は「西暦使う」とか言っていますが、別に私はキリスト教徒でもないですし。

 平成は災害が多い年でした。
 3.11の時は基地局が停電で使えなくなって大変だった・・
 ネットが使えないと結構なダメージです。
 令和の時代には今までにない「立体視(死語か・・)」とかが出てくると思うのですが、果たしてどうなるか。
 楽しみでもあります。

 通信環境も、今注目されている5Gがいずれは時代遅れになるのでしょうね。
 平成の始めってインターネットも無い時代。
 いや、正確にはあったのかもしれないけれど、お目にかかったことはない・・ 
 無線通信なんかもデジタル化が進んで、昔聞けたオタク系の無線を効くことが出来なくなってきています。
 平成の時代で大きく変わったのが通信環境だと思うのですが、医療技術も飛躍的に進歩していると思います。
 令和の終わりころの医療技術ってどんな感じなんだろう??
 通信技術と医療技術、AIなど、どんな世界になっていくのか、今から楽しみです。
 とい言いつつ、個人的に今現在取り組んでいるのはモバイルWiFiをどれにするかです。
 モバイルWi-Fiと言えばWiMAXが有名ですが、WiMAXの中にもそれぞれプロバイダが群雄割拠している状態。

 また、WiMAXよりもエリアが広くて結構便利なネクストモバイルとかも捨てがたい。
 果たしてどれを使ったらよいのか。
 ネットの記事を参考にすると同じような事ばかり書いてありますが、やはり気になるのは口コミ。
 あるいは実際のエリアと通信速度。
 通信速度やエリアはビルの陰にはいったら電波が届かなかったりとか、混雑時に限られたインフラを奪い合う事になって遅くなってしまうとか、色々ありますので、実際に使っている人の声が聞きたい。
 ということで、今はモバイルWi-Fi比較を徹底的にやって、自分に向いている通信環境を手に入れたいと思っています。

 スマホのLTEよりもモバイルWi-Fiの方がコストが安いですし、テザリングしている時のスマホの電源の消耗が激しいと思っている人にもおすすめ。

 徒然なるがままに書いてしまいましたが、最後まで読んでくれてありがとうございます♪

 

新しい時代の幕開け

新元号がようやく発表されました。

発表までは皆、ドキドキしながら待っていたと思います。
私もテレビに釘付けでした。11時半になってから、今か今かとウズウズしていました。

天皇陛下への報告が終わってからの発表に、わくわくしていました。11分程遅れて、官房長官が現われました。
そして発表の瞬間が来ました。

「新しい元号は、れいわです」

れいわ?どんな字だろうかと思いました。
程なく新しい元号を書いた額縁を掲げられました。「令和」と書かれました。
5月1日から令和元年になるのかと、新しく始まる時代に期待しました。

言葉の響きがとても綺麗です。使われている漢字も、凛として素敵です。
初めて日本の万葉集からの出典と言うのも良いです。
いよいよ平成が終わりを向かえて、新しく令和の時代が始まると思うと気分も一新されます。

一体どんな時代になるのか、とても楽しみです。
この令和を英語表記すると、ビューティフルハーモニーとなったそうです。
「美しい調和」これまた素晴らしいなと思いました。
美しい日本で調和を保たれた良い時代になれれば良いですね。

平成は重大な事件に大災害が多かったですね。
災害は仕方無いですが、大きな事件の無い穏やかな時代であって欲しいです。
元号より西暦の方が良いとか、計算しにくい等で面倒くさいと言う人もいます。
それでも国の象徴である天皇陛下が変わられるのだから、矢張り元号は新しいものに変わったほうが良いと思います。
区切りはあったほうが、気持ち引き締まります。
新しく在位なさる天皇陛下と共に、新時代が来ると言う区切りだと私は思います。

どうかこの時代になって良かったなと思えるように頑張っていきたいですね。新しい時代に期待しています。