掘ちえみ舌がん手術成功。

タレントの、掘ちえみさんが昨年夏に舌の裏側に、口内炎のようなものがあるのに気付いていました。
そしてそのあと11月には、痛みが出てきて歯科医に受診して、レーザー治療を数回にわたり行ったのですが、痛みが増してしまい、食べる時、話しをする時にも痛くなっていたそうです。
歯科医からは、病院に紹介状を記載してもらっていないので、症状が持続したまま季節が、冬になってしまいました。
そして、今年1月になり、自発的に大学病院の口腔外科を受診したのですが、舌の裏側に加え、舌の側面にも硬い腫瘍が出来ていて、睡眠中に痛みの為に起きてしまう程、進行して行きました。
すぐに舌の6割を切除して、大腿部の筋肉を代わりに舌に移植するという大手術が決まり、慌ただしく治療が始まりました。
現在、手術から3週間経過して、院内と病院の周りを散歩できる迄に回復しています。

私はブログを拝見して、とても励みになります。
ちえみさんは52歳で、女性が更年期に突入し、舌がんがなくてもいろんな心身の変化が起きる時期ですから、尚更大変になります。
そして、かねてより、リウマチがありその治療と、難病の大腿骨骨頭壊死症も50歳過ぎてからかかり、治療中であるということから、治療費がかかりますし、精神的なダメージが沢山あったと思います。

私には、元アイドルの女性は、打たれ強いイメージがなかったので、凄く、打たれ強い、家族思いのお母さんなのには驚きました。
最初の外科医との結婚は旦那さんのドメスティックバイオレンスにより、離婚してしまいましたので、お子さんを抱えて、ご苦労されたでしょう。
また、次に知り合い、同棲生活してから結婚した、旦那さんとの間にもお子さんがいます。最初の旦那さんは、協議離婚できずに裁判離婚になりましたので、その道のりが凄く大変だったにも関わらず、乗り越えたんですね!

再婚した旦那さんとは時間のすれ違いにより、離婚したとありましたけど、再再婚の今の旦那さんが、優しくて恵まれましたね。
お子さん達が、家事を頑張ってくれているので、安心感があるでしょう。

ところで、ちえみさんのリハビリテーションは、ゼリーを飲み込む練習をしています。だいぶ飲み込みがうまくできるようになったということで、快挙ですね!
それと、発音練習をしていて、移植した部位が、とても活躍してくれています。
私自身、毎日話せること、いつも通り物を食べて、それを飲み込めることに改めて感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です