来年から「自動ライト義務化」について思うこと

Yahooニュース 04/14
「ライトの早期点灯なぜ浸透しない? 来年から「自動ライト義務化」も未だに抱える問題」
やっと、義務化になりました。

以前、仕事関係で、どんな時間帯に事故を多いかを調べていた時があり、下校時から、夕暮れ時が多かったです。
なぜ、その時間帯が多いのか、歩行者側と車両側に、それぞれの理由があって多いのです。
早めの点灯義務化しかなかったのかとも思います。

ドライバーによっては、そこまで、言われなくてもと思い人も多いことでしょう。なぜなら、車によっては、オートライト機能が付いていない車両もあるからです。
仕事関係や通勤関係で毎日、乗る様なドライバーの方でオートライト機能が付いていない人は面倒でしょう。

このニュースを見て、歩行者弱者(子供、老人)の事故がまず、軽減できれば良いと願っています。
義務化まで、踏み込んでやるならば、でも、もう少し、踏み込んで、考えてほしかったです。
それは、自動タイト機能の付いていない車の対応をどうするかを明確化することです。

例えば、トラックの運転手ドライバーの場合なら、国が補助金を出して、ドライバーが自分でオート自動化機能に変更するのか、あるいは、ドライバーの会社が全額負担して、オート自動化機能搭載車ごと変更、オート自動化機能をオプションで会社が付けるようにするのかというところまで、考えた上で施行してほしかったです。
折角、良いと思えるのに、肝心な落とし穴がある気がします。

義務化しても、違反者は良く罰金よりも、もう少し、うまく浸透できる様にしてほしいです。何か、中途半端な義務化で終わってほしくないなと感じています。
また、義務化によって、しっかりと、事故軽減できたのかをきちんと分析し、都道府県別なども含めて公表してほしいです。

単に、車の自動運転に何もかも任せるよりも、こういった努力も、行なっていってほしいと願っています。

桜咲く♪

 いよいよ4月になりました。
 来月から、なんと元号が変わって平成→令和に♪
 いよいよ平成の御代が変わるわけですが、自分の生活も大きく変わるかも。
 というのも、なんと言っても年度替わりで新しい人が入社してきて、それなりに仕事に慣れてくるころに書類が平成から令和に代わるのです。

 外務省は「西暦使う」とか言っていますが、別に私はキリスト教徒でもないですし。

 平成は災害が多い年でした。
 3.11の時は基地局が停電で使えなくなって大変だった・・
 ネットが使えないと結構なダメージです。
 令和の時代には今までにない「立体視(死語か・・)」とかが出てくると思うのですが、果たしてどうなるか。
 楽しみでもあります。

 通信環境も、今注目されている5Gがいずれは時代遅れになるのでしょうね。
 平成の始めってインターネットも無い時代。
 いや、正確にはあったのかもしれないけれど、お目にかかったことはない・・ 
 無線通信なんかもデジタル化が進んで、昔聞けたオタク系の無線を効くことが出来なくなってきています。
 平成の時代で大きく変わったのが通信環境だと思うのですが、医療技術も飛躍的に進歩していると思います。
 令和の終わりころの医療技術ってどんな感じなんだろう??
 通信技術と医療技術、AIなど、どんな世界になっていくのか、今から楽しみです。
 とい言いつつ、個人的に今現在取り組んでいるのはモバイルWiFiをどれにするかです。
 モバイルWi-Fiと言えばWiMAXが有名ですが、WiMAXの中にもそれぞれプロバイダが群雄割拠している状態。

 また、WiMAXよりもエリアが広くて結構便利なネクストモバイルとかも捨てがたい。
 果たしてどれを使ったらよいのか。
 ネットの記事を参考にすると同じような事ばかり書いてありますが、やはり気になるのは口コミ。
 あるいは実際のエリアと通信速度。
 通信速度やエリアはビルの陰にはいったら電波が届かなかったりとか、混雑時に限られたインフラを奪い合う事になって遅くなってしまうとか、色々ありますので、実際に使っている人の声が聞きたい。
 ということで、今はモバイルWi-Fi比較を徹底的にやって、自分に向いている通信環境を手に入れたいと思っています。

 スマホのLTEよりもモバイルWi-Fiの方がコストが安いですし、テザリングしている時のスマホの電源の消耗が激しいと思っている人にもおすすめ。

 徒然なるがままに書いてしまいましたが、最後まで読んでくれてありがとうございます♪

 

新しい時代の幕開け

新元号がようやく発表されました。

発表までは皆、ドキドキしながら待っていたと思います。
私もテレビに釘付けでした。11時半になってから、今か今かとウズウズしていました。

天皇陛下への報告が終わってからの発表に、わくわくしていました。11分程遅れて、官房長官が現われました。
そして発表の瞬間が来ました。

「新しい元号は、れいわです」

れいわ?どんな字だろうかと思いました。
程なく新しい元号を書いた額縁を掲げられました。「令和」と書かれました。
5月1日から令和元年になるのかと、新しく始まる時代に期待しました。

言葉の響きがとても綺麗です。使われている漢字も、凛として素敵です。
初めて日本の万葉集からの出典と言うのも良いです。
いよいよ平成が終わりを向かえて、新しく令和の時代が始まると思うと気分も一新されます。

一体どんな時代になるのか、とても楽しみです。
この令和を英語表記すると、ビューティフルハーモニーとなったそうです。
「美しい調和」これまた素晴らしいなと思いました。
美しい日本で調和を保たれた良い時代になれれば良いですね。

平成は重大な事件に大災害が多かったですね。
災害は仕方無いですが、大きな事件の無い穏やかな時代であって欲しいです。
元号より西暦の方が良いとか、計算しにくい等で面倒くさいと言う人もいます。
それでも国の象徴である天皇陛下が変わられるのだから、矢張り元号は新しいものに変わったほうが良いと思います。
区切りはあったほうが、気持ち引き締まります。
新しく在位なさる天皇陛下と共に、新時代が来ると言う区切りだと私は思います。

どうかこの時代になって良かったなと思えるように頑張っていきたいですね。新しい時代に期待しています。

人望とは何?

最近、プロ野球選手のイチローさんが引退を表明して、たくさんの記者たちの質問に答えていました。

その中で、「今後は監督など指導者になるのか?」という質問に対しての答えとしてイチローさんは「それは無い。自分には人望が無い」と答えていました。
彼は本当に凄い人で、人望はかなりあるのではないか?と思いますので、その返答を聞いてびっくりしました。
それと同時に、人間的に優れている人ほど、自分のことを良く言わないのかな?と思いました。

なぜそう思ったのかと言うと、私の上司は凄く頭が良くて、人のことを思いやることが出来る本当にステキな人なので尊敬しているのですが、その上司も自分のことをあまり良く言わないし、自分をアピールしようとしないのです。
彼の周りには権力争いで躍起になったり、自分のことを誇示しようとする人たちばかり居るのですが、その中でただ仕事をコツコツとこなして、成果で評価しようとしています。
そんな上司を近くで見ていて、もっと自己アピールしたら良いのにと少し腹が立つこともありますが、自己アピールするよりも部下の私たちに優しく気遣いをしてくれたり、仕事を黙々とする姿には本当に尊敬します。

そしてそういう性格だからこそ、周りからサポートされてきっと成功者になるのではないかと期待しています。

イチローさんのインタビューを見て、この上司と似ている気がして、きっとイチローさんも引退後には優れた指導者になられるのではないか?と期待しています。
そして彼が思っているよりもずっと人望があることに気づかれるのではないかなと思います。

これから指導者として、日本の野球界やスポーツ界をけん引して行って欲しいと思います。これからのイチローさんにも注目して居たいと思います。

米津玄師、6枚目のシングル

平成最後の年に一番聴いた曲は何だろうと、ふと考えたのですが、やっぱり、この曲を置いて他にはありません。
米津玄師「Lemon」。

ここ最近のヒット曲と言えば、AKBグループのアイドルソングが多く、それはそれで世間を明るくしてくれたと思うのですが、米津「Lemon」は、久しぶりに歌で感動すると言う懐かしい記憶を呼び覚ましてくれました。

彼の6作目のシングル「orion」は、既にユーチューブで再生回数1億回を突破したそうです。凄いの一言!

普段全くと言っていいほど、テレビに出ない人ですから、昨年の白紅歌合戦は、もちろんリアルタイムでも視ましたし、しっかり録画もしました。
ただ米津さんが、テレビに出ない理由は「歌は生き物。同じ歌を歌っても、年齢が変わり考え方が変われば、違う感情を持って届ける事になる。だから過去の映像は極力、残したくない」。よって、テレビにも極力出ない。というポリシーがおありなのだそうですね。
にも関わらず、白紅、録画してゴメンナサイー。でもディスクがすり減るかと思うくらい何度も視て、何度視ても感動しましたよ。フルコーラスで歌える時間をくれた、NHKという放送局に生まれて初めて感謝しましたね。

この時、初めてナマ米津を、じっくり拝見したわけですが、確かに「男前」「イケメン」とは言えないかもしれない。
でも、スタイルが良くて、最後に総合司会のゥっちゃんの言葉を聞いて、ニコッと笑いながらうつむいた仕草に、こんな50歳女性でもハートを射抜かれました。やっぱり、男女問わず人は「顔」ではないのですよ。

まだまだ快進撃が止まらない米津玄師。こんな音楽家が存在する事は日本の誇りだなと思います。皆さまも「orion」のPV、是非視てみて下さい。

掘ちえみ舌がん手術成功。

タレントの、掘ちえみさんが昨年夏に舌の裏側に、口内炎のようなものがあるのに気付いていました。
そしてそのあと11月には、痛みが出てきて歯科医に受診して、レーザー治療を数回にわたり行ったのですが、痛みが増してしまい、食べる時、話しをする時にも痛くなっていたそうです。
歯科医からは、病院に紹介状を記載してもらっていないので、症状が持続したまま季節が、冬になってしまいました。
そして、今年1月になり、自発的に大学病院の口腔外科を受診したのですが、舌の裏側に加え、舌の側面にも硬い腫瘍が出来ていて、睡眠中に痛みの為に起きてしまう程、進行して行きました。
すぐに舌の6割を切除して、大腿部の筋肉を代わりに舌に移植するという大手術が決まり、慌ただしく治療が始まりました。
現在、手術から3週間経過して、院内と病院の周りを散歩できる迄に回復しています。

私はブログを拝見して、とても励みになります。
ちえみさんは52歳で、女性が更年期に突入し、舌がんがなくてもいろんな心身の変化が起きる時期ですから、尚更大変になります。
そして、かねてより、リウマチがありその治療と、難病の大腿骨骨頭壊死症も50歳過ぎてからかかり、治療中であるということから、治療費がかかりますし、精神的なダメージが沢山あったと思います。

私には、元アイドルの女性は、打たれ強いイメージがなかったので、凄く、打たれ強い、家族思いのお母さんなのには驚きました。
最初の外科医との結婚は旦那さんのドメスティックバイオレンスにより、離婚してしまいましたので、お子さんを抱えて、ご苦労されたでしょう。
また、次に知り合い、同棲生活してから結婚した、旦那さんとの間にもお子さんがいます。最初の旦那さんは、協議離婚できずに裁判離婚になりましたので、その道のりが凄く大変だったにも関わらず、乗り越えたんですね!

再婚した旦那さんとは時間のすれ違いにより、離婚したとありましたけど、再再婚の今の旦那さんが、優しくて恵まれましたね。
お子さん達が、家事を頑張ってくれているので、安心感があるでしょう。

ところで、ちえみさんのリハビリテーションは、ゼリーを飲み込む練習をしています。だいぶ飲み込みがうまくできるようになったということで、快挙ですね!
それと、発音練習をしていて、移植した部位が、とても活躍してくれています。
私自身、毎日話せること、いつも通り物を食べて、それを飲み込めることに改めて感謝しています。

結婚=恋愛ではない現実のものだと改めて実感

最近、ヤフーニュースで話題にのぼっていた「恋愛感情なく結婚したある夫婦」のことについてです。
正直、世の夫婦もそうなんだと妙に納得してしまいました。
私は今の旦那と昨年11月に結婚し多ばかりでしたが、お互いに結婚相談所を通じたお見合い結婚でした。
私より5歳年上の旦那でそれほど年の差はないので、そこそこ世代間ギャップはありません。
ただ、お互いに知り合って1年も経たないので、相手の事を実はよく知りません。

旦那は私に「この年で俺を選んでくれる女性を選り好みできる年齢じゃない。でも、今まで会った人に振られまくった」といいます。どうやら女性の顔のみを基準に選んだがために、結果はすべて惨敗だったようです。
私は旦那に「顔がいい女性は元々ちやほやされている。いづれ人間は外面が崩れてくるから、外面だけでなく内面で選ばないとだよ」
と今でもよく話をします。

しかし、いかんせん男性は美人に弱い者ですね。
そんな知り合って日の浅い者同士が一緒に生活することは、無理なのか?といえばそうではないと思います。出会った当初よりも今の方が好きという感情が大きくなっているのを実感します。

結婚はお互いをパートナーとして持てる力を発揮しあう関係性だと思います。
足りないところを補い合って一つと思います。
よく相手のことは異次元から来た「宇宙人」だと思いなさいとあるご年配のご婦人に教えられたことがありました。
その方は今でも「旦那のことは本当によくわからない。今でも」と。私もこれから分からないなりに一人でなく二人で人生を歩んでいけたら幸せだなと思います。

再び起きた北海道の地震

今月21日に再び北海道胆振地方で震度6弱の地震が起きました。
夜中に起きたこともあり、被害が状況が心配されました。
一夜明け、詳しい被害もわかり最終的にけが人が6人となりました。
また、震度6弱を観測した厚真町で水道の断水被害が起きて、現在も復旧のめどが立っていません。
この地方では、昨年の9月に震度7の地震が起きて、土砂崩れに巻き込まれて36人の方が亡くなりました。
各地では、住宅の倒壊や道路などの損壊、液状化現象も起き、苫小牧厚真火力発電所と新日鉄住金の製鉄所で火災が発生しました。
また、北海道全域での大規模停電も起き、基幹病院の救急対応ができず混乱しました。
災害は忘れたころにやってくると言いますが、昨年の被害の傷も癒えぬうちに再び地震が起きました。
以前地震より被害は少なかったものの、被災地住民の方の不安は計り知れないものだと思います。
私が住んでいる地域は、今のところ大きな地震などの自然災害は起きていません。
そのため、災害に備えての準備もほとんどしていません。
しかし地震大国の日本において、どこで大規模な地震起こっても不思議ではありません。
いつ自分が被災者になるかもしれません。
備えあれば患いなし、私も災害に備えなければと思いました。

藤田菜七子騎手フィーバーによる馬ブームは来るのか?

2月17日。女性騎手初となるGⅠ騎乗を果たした藤田菜七子騎手。
騎乗達成だけでなく、GⅠレースの重圧をパワーに変えるがごとくの5着入賞。
この騎乗と結果により、騎乗したコパノキッキングの次走と今後のアメリカでのレースを見据えた動きをコパオーナーがコメント。
そして、その後の藤田騎手のレースに注目が集まり、グッズも飛ぶように売れるなど空前の菜七子フィーバーになっています。
女性騎手でもやれる!という実績により、今後、騎手を目指す女性が増えるのではないか?女性騎手だけのレースが将来、行われるのではないか?などと明るい将来プランを毎日メディアで取り上げられています。

ここで、私は藤田騎手の「いつもと違う景色に見えた」という発言に心を動かされました。
「馬から見える景色ってどうなんだろう?」という意見です。新生の騎手が現れると、今まで競馬に夢中になる。もしくは今後の競馬界の展望を夢見ていましたが、自分自身が馬に乗ってみようという気になったのです。

乗馬体験を調べてみると、手軽に乗馬ができます。自分自身で乗り、操るのはとても楽しそうです。きっと、私のように馬に乗ってみたいという気持ちになった人も少なくないと思います。これからの競馬の菜七子フィーバーも盛り上がりそうですが、馬のフィーバーも訪れるのではないでしょうか?